福岡市西区 九大学研都市 イオンモール伊都店すぐ横にある動物病院です。時間外、夜間・救急も随時受け付けています。

お電話でのお問い合わせはこちら092-807-7037

スタッフブログ

豚足は危険なの?

いつもブログチェックありがとうございます。

今日は豚足は危険なの?のお話です。

一般的に豚足自体はおやつ用としてペットショップ等にもおいてあります。

しかし、今回この豚足によって生死をさまよったワンちゃんがいました。

もうすぐ2歳の柴犬の女の子のぺルちゃん、普段は野山を駆け回るわんぱく少女です(^o^)

ペルちゃんはおやつ用ではなく、一般的に人が食べる豚足を美味しく食べた後、数時間で酷い血便と嘔吐の症状を起こしました。

来院時、動く事すらできず体温も低下、ショック状態でかなり危険な状態でした。

検査の結果、腸閉塞を起こしており緊急手術を行う事になりました。しかし、正直なところ麻酔に耐えれるかどうかの瀬戸際でした。

手術中も何度か危険な状態に陥りましたが、まだ若いペロちゃん、こんな所で逝く子ではありませんでした!!!

何とか無事に手術を乗り越え順調に回復して今日退院となりました。

 

 

ペロちゃん、久しぶりにお家でお父さんと同居のワンちゃんと会えるかと思うとそわそわしてました)^o^(

しかし今回、飼い主さんとお話をしているとネット上の書き込みに、人用の豚足を食べても全く問題ないとの書き込みがあったそうです。

鳥の骨は噛み砕いて割れると消化管を傷つけてしまう危険があるので絶対にあげないで下さいとされています。

では、豚足はどうかというと、おやつ用として販売されているもの以外は止めて頂いた方がよいと思います。

今回のペルちゃんの様に豚足の噛み砕いた骨が腸を傷つけ、閉塞を起こしてしまう可能性があるからです。

ネット上の書き込みは全てが正しい訳でなく、獣医師の立場からすると間違いでは?と思うものも少なからず存在します。

ですから、小さな事でも先ずは獣医師にご相談下さいね。

 

 

 

宇賀ペットクリニック

〒819-0378
福岡市西区徳永北8-1 プランドール102
電話番号:092-807-7037
診療時間:09:00〜20:00
休診日:毎週木曜日
詳しくは「アクセス」をご覧下さい。